質問:
クロスファイア信号強度-不滅の「L」と「T」の比較
Cory Penquite
2020-04-15 06:08:52 UTC
view on stackexchange narkive permalink

従来の「T」と比較して、クロスファイアアンテナを不滅の「L」方向に取り付けると、信号受信に悪影響がありますか?

「L」の取り付けパターンの意味を教えてください。アンテナの形状からすると「T」は理にかなっていますが、「L」のレイアウトは想像できません。
画像をアップロードしようとしましたが、失敗し続けます。スティール・イモータル「L」をグーグルで検索すると、彼がどのように作ったかを説明したYouTubeビデオが見つかります。基本的に、彼は3つの結束バンドを取り、アンテナを互いに90°の方向に向けて「L」を形成し、ドローンの背面に取り付けて小道具から遠ざけます。
1 回答:
#1
+8
ipaq3115
2020-04-15 22:15:29 UTC
view on stackexchange narkive permalink

簡単な答えは「はい」です。 ここで行ったテストによると、ダイポールの下半分を折りたたむと3dbの損失が観察されます。これは、出力電力を半分に減らすのと同じ効果です。

上のリンクからこのグラフを参照してください。赤の下部はアンテナの曲がりで、青い線はゲインです。

Bent dipole performance graph

「T」アンテナはダイポールとそれは非常に一般的なアンテナ設計です。アンテナの形状を変更すると、ほとんどの場合、アンテナのゲインと放射パターンが変更されます。非常に注意深くテストしたか、既知のテスト済みアンテナ設計に従っていない限り、パフォーマンスが向上していない可能性があります。 この記事では、ある人がダイポールを90度折りたたむテストを行ったことについて説明しています。その他の注意点として、L字型を使用すると、アンテナを2方向に偏波できますが、特定の状況では受信状態が悪くなる場合があり、他の状況では良好になる場合があります。これは、アンテナの向きが真っ直ぐ上下しない状況でのクワッドで特に役立ちます。

うわー、優れた分析!私は似たようなものが正解でしたが、私の答えの基礎となる情報源や背景はありませんでした。


このQ&Aは英語から自動的に翻訳されました。オリジナルのコンテンツはstackexchangeで入手できます。これは、配布されているcc by-sa 4.0ライセンスに感謝します。
Loading...